格闘技の話22016年01月12日

格闘技の話の2回目。

久しぶりに復活のヒョードル選手は、強かった。K1ジャパンとはいえ打撃の王者選手にもひるむことなく打撃を繰り出せること。そして何と言ってもパウンドでのパンチがうまい!というか強烈。コツコツ当てているパンチでもかなり痛そうだし、相手が効いているのが分かる。ショートレンジのコツコツ当てるパンチでも十分KOできそうです。一発一発、相手選手の心が折れていく感じでした。あの「効く」パンチの秘密はなんでしょうか?「拳の硬さ」を上げる人もいますが、私もそんな気がします。

反対に「効かない」パンチの代表、曙選手。リベンジを掛けておこなわれたボブサップ選手との試合ですが、パンチの質は変わっていません。片やサップ選手のパンチは荒削りですが、「効く」パンチは健在でした。曙選手の後頭部からの出血のアクシンデントで2Rでの判定で何となくサップ選手が勝ちましたが、アクシデントが無ければかなり高い確率でサップ選手がKOしていたと思います。再戦はしない方がいいような気がします。


バルト選手のデビュー戦、これまでに登場した他の相撲出身の選手に比べれば、適応の可能性はあると思います。特に相撲を始める前にやっていた柔道技が有効でしたね。それでも急な代行で準備をしていないキック専門のアーツ選手相手でも、後半はスタミナが持つかハラハラでしたから、相撲出身の選手のネックであるスタミナの問題をクリアーしないと、本格的な総合の選手相手に結果と残すのは難しいかもしれません。特に今のヘビー級は石井選手のトーナメント一回戦敗退に現れているように、打撃で相当な対処能力と動き続けるスタミナがないと勝つのは難しいので。

トーナメントを制したキング・モー選手は、うまかったです。レスリングテクニックで上になって、パウンドで相手も消耗させて、スタンドでフラフラの相手に抜群のタイミングで打ち抜くパンチでKO。こういう勝ちパターンにはまると相手選手は勝てないです。モー選手もベテランですが、あんまり衰えを感じさせないですね。個人的にはUFCのヘビーのトップの選手とみてみた気がします。UFCチャンピオンのベラスケス選手やコーミア選手も似たタイプなので。

ヒクソンの息子クロン選手は強かったですね。お父さんのヒクソン選手と同様、ここ一番の極めの強さが抜群でした。相手の山本選手は前半、よく技を凌いだと思いますが、グランドでは勝ち目はなかったでしょう。山本選手も打撃では勝てる可能性がありますが、グランドの技術ではちょっとクロン選手に対抗できる日本人選手は見当たらないですね。グラップリングの大会で青木選手を落としているくらいですから…。
ただ身体が小さいのでヒクソン選手のような「最強」のイメージを作るのは難しいかもしれません。

私見なのですが、山本選手はレスリングの五輪出場を目指しているそうですが、もし五輪を目指しているなら、余り総合の練習はしない方がいいような気がします。総合でのアップライトな姿勢はレスリング、特にフリースタイルでは不利です。以前、叔父のキッド選手が総合で活躍してからレスリングの大会に出たときにも思いましたが、多分、総合の動きはレスリングの動きと相反するところがあります。

あっグレコの選手であれば、必ずしもそうとはいえないですが…

次回は魔裟斗対山本KID戦を書きます。